LINK Blog
Bar LINKにまつわるお話


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夜長
秋も本格的になってきて、昼夜の気温の変化が著しいこの頃ですが、
みなさんお元気でしょうか?

僕は最近読書三昧。

お店で一人でバーボンでも飲みながら小説など読んでいると、
ちょっとセンチメンタルな気持ちになりつつも、
完全に小説の世界に入り込んでしまって時間を忘れることもあります。

でもこの時間が僕にとっては最近のお気に入りなんです。

一人遊びは得意なほうですね。

さて、以前この場でもご紹介したと思いますが、
覚えていますでしょうか?

リモンチェッロを作ろう!企画。

完成です!
そして、完売間近です。

正直に言うとリモンチェッロではありません。

初体験にしてアレンジしようしようと思うあまり、
レモンを使用しませんでした。

なのでリモンチェッロとは言えないのです。
すいません。

結局完成したものは、
ゆず酒。
格好よく言うなら、ユズンチェッロです(笑)
たぶん、当店でしかこの名称は通用しないので、ご了承を。

しかも、ゆずは例の僕の実家でできたものを使用。
あの自然いっぱいの風景のやつです。
稲刈り帰省の際に持って帰り、それから仕込んで最近完成しました。

ゆずの風味が強く和のイメージがあります。
ジンジャーエールで割って召されることをお勧めしています。

Bar LINKでしか存在しない。
というかもう再現性の薄い一本ですが、
世界でもオンリーワンな一本です。

興味津々な方はぜひご賞味くださいませ。

スポンサーサイト

Jam on plyn vol.4
お久しぶりです。

大阪戻ってきて、アタフタしまくりで今日に至ります。

ということで開催されました!
Jam on plyn vol.4!!

前回は人集まりすぎて大変なことになってましたけど、
今回も、かなりの人に集まっていただきました。
ありがとうございます!

今回はビュッフェスタイルで料理も提供し、
内装も壁一面を布で覆ってしまい、
照明もかなり力を入れたイベント。

普段の通常営業とは全く違う空間を演出できたことは大変よかったと思います。

イベントのときは、
できるだけスローペースにスローペースに飲もうといつも心決めてるわけですが、
そんなんできるわけない。

もうその雰囲気とテンションにお酒がどうも進みます。

さらにテキーラタイム!

これやると、箱のボルテージが一気に上昇!
踊って騒いで、飲んで踊って!

今回のゲストである佐藤タカマサさん!
いや、ほんとに素晴らしい音を提供してくれました。

Jam on plynは時間が過ぎるのが早い。
気付けばすぐに朝になってしまう。

エンディングの朝5時。

全然エンディングとは思えない盛り上がり!

みんな元気すぎ!
僕もホールで踊りまくっていました!

いや、よかった!

ありがとうございます!!!


実家の様子
どうも、こんばんわ。
休息中のBar LINKマスターです。

有言実行で、本日は朝8時より稲刈りをして参りました。

特にこのBlogは大阪の方がご覧になっているのでしょうか?
わからないですけど、そのつもりで書きます。

ということで稲刈りの流れーー!

穂


稲刈り


搬送


乾燥


言葉で説明するより絵ですわな、もちろん。

とりあえず今日はこの行程まで終えました。

ぜっんぜんBarのBlogじゃなくて、鉄腕ダッシュ系の絵になってますけど、
マジでこんなんなんですって!
ほんまに。

絵で見たら、あぁ自然いっぱいやなぁ思うかもしれないですけど、
完全な肉体労働なんで、かなりの体力を消耗します。

昼間からビール飲んでました。

まぁ僕の実家の生活はこんなもんですわ。
飯はうまいし、酒もうまい。

風呂に入って窓開ければ、そこらへんの露天風呂とは変わりもしないんじゃないかなってな風呂。

こちらの時間はゆっくりです。

することは正直ないですけど、感じることはたくさんあります。

それだけでほんとに癒されるというか、落ち着きます。


さて最後の一枚。

栗の木、川


右側の木なんですけど、これね、僕が物心ついたときから遊んでいた栗の木です。

いつも田植えや稲刈りをするときはこの木のそばで遊んでいました。

これが今でも同じまま残っています。
そしてあのときと同じ川の流れ。

周りは年老いて僕も今この年となりましたが、
変わらないものがここにはあります。

人間が手を加えない自然の普遍を考えると、
人の生涯はごくわずかなものに見えます。




秋休み
雷や豪雨と荒れ荒れの天気かと思いきや、
今日はまた暑さが復活。

まだ夏の延長の気がします。

もうすぐしたら台風シーズンも到来です。

Bar LINKでも秋の一大イベント、Jam on plyn vol.4を控え、
より一層盛り上げていこうと奮闘していきます。

さて、突然で申し訳ないですが、
9/10(Sun)~9/13(Wed)に、実家に帰らせていただきます。
別に喧嘩して別居ってわけではないので安心してください。

前回このようなお休みを頂いたときに帰省した理由は、
田植えでした。
以前このBlogでもご紹介しましたが、かなりの田舎者なので。

そこで、今回の帰省理由!
それは、当然のことながら、稲刈りです。
植えたら刈らないといけないですからね。
至極当然のことです。

実りの秋たる所以みたいなものですね。

こういう第一次産業人口は年々減少しているようですが、
僕は農業大好きです。

農業で生計が立つのであれば、農業で一生を全うしようと本気で考えたこともあります。

完全な肉体労働。
でもその肉体労働も自然を感じながら、満喫しながらの労働です。

この時期ですから毎年稲刈りは暑い中行われるのですが、
暑くて汗いっぱいかいて、かなりの疲労をする。
だからこそ、ビールが非常にうまい。
このとき以上にうまいビールを飲んだことはありません。

ほんとに。
おいしいビールが飲みたければ農業をすべきです。
間違いありません。

そのあとは焼酎に切り替わって延々と食事と宴が続きます。

先日のサーフィンで自然狂になっているので、
今回も稲刈りをしつつ、自然を満喫してきます。

お土産話は稲刈りのことを延々と。



生きててよかった
昨日は、ミナミでの仕事の休みを頂いて、
和歌山の磯ノ浦にサーフィンをしに行ってきた。
生涯初めてのサーフィン。

とりあえず、1時間半くらいしか寝れてないけど、
集合して車の中で爆睡して着くと、すぐにBBQ開始。
かなり贅沢な食材が並んだけど、あれよあれよという間に熱中症の症状が出た。

食欲と飲酒欲と行動欲とか全てなくなって、しゃべらん過ぎて申し訳ないくらいダウン。
ウーロン茶ほとんど飲んだ

いざサーフィンやいうときに
まさかの「最初見ときますわ」って口から出てて、
あ、あ、あかんっわ。

もう根性とか忍耐とかそんな類いの、遊びには相応しくないもの駆使してでもサーフィンやったんねん精神で海飛び込んだら、
あっけないくらい復活。

大筋の流れ教えてもらって、波待ってたら、
それだけでテンション上がってきた。

まぁ予告通りやり始めてすぐさま、波乗ってた。
あの感覚はやったやつしかわからんやろうなという気持ちよさ。

昨日は波もそないないんやけど、30分に一回くらいの周期でデカイ波群がくるんやけど、そこまでじっと波の上で待ってて、
きたきたきたーーー!ってなるともう興奮しまくる。

自分のポイント決めて一気にこぎ始めて、波と一体化したら、もう僕の勝ちみたいなもんで、
あとはこの自然を遊びこなしたるだけ。
でかければでかいほど、長ければ長いほど、ものすごい快感やった。

夕方、月も出て夕日が沈み始めたころ、
波打ち際で見てた海は、なんとも言えんような気持ちにさせられた。
波が押し寄せては返してるだけなんやけど、
たぶんどれだけでもこの時間が続いてほしいって思える。

最高な瞬間ってのはこういう時のことを言うんやろうな。

サーフィンってね、やっぱカッコいいってイメージあるじゃないですか?
僕も最初ミーハー的にその感覚で行こう思った。
でもな、やっぱカッコいいとかそんな外からのイメージとかじゃなくて、中からみる景色は、なるほどやったやつがはまる理由がわかる。

この自然の中、もちろん危険なんやけど、
人間と自然が一体化して遊んで、自然を謳歌して、自由に。
人間社会にある煩悩がすべてちっちゃく見えて、
人が生きることを違う感覚として捉えられる場所がそこにはあるんやと思う。
サーフィンってのはそれを感じるためのただのツールであって、本当の楽しさはやっぱり自然なんかな。

生きててよかった。

自分の煩悩にうんざりしたら、また戻ってこよう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。