LINK Blog
Bar LINKにまつわるお話


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さようなら。
これまでのこと。

振り返ると数え切れない思い出と感情が出てきます。


何もできない自分と、
あほみたいに呑んで、
しょうもない話ばっかして、
それでもちゃんと来てくれてて、
楽しそうに飲んでくれてて。


たぶん、僕は幸せです。


あなたに会えてよかった。





ねっ、すごいでしょ。


これだけのものができました。



足りない部分は僕の足りない部分。

一生懸命やったけど、足りない部分は僕の足りない部分。



すいません、ごめんなさい。



でもありがとう。


本当にありがとう。




ほな、また。


スポンサーサイト

LINK最後の日
本日3月3日をもちまして、Bar LINKは閉店とさせていただきます。

ありがとうございました。


ご報告とご挨拶
ながらくお待たせしました。

ずいぶんと久しぶりと思いきや、今年に入って2つ目の文章ですね。
さぼっててすいません。

さて、今年に入りもう2ヶ月を過ぎ、
出会いと別れの季節の到来間近となりました。

僕の通っていた大学も無事に卒業できそうです。

このブログを見てる人は知り合いが多いとは思いますが、
全く僕のことを知らない人にとっては始めての報告ですね。

僕が大学生であったということを。


まぁ大したことではありません。

警察官がいて、パイロットがいて、ウェブデザイナーがいて。
そんないろんな職業がありますが、
僕も職業は、というか副業は大学生みたいなものでしたから。


卒業です。

ということは就職です。

来年より僕は東京で勤務することになります。


Bar LINKは3月3日をもって閉店とさせて頂きます。



これまでたくさんの方にご来店頂きました。
いろんな方に出会い、いろんなお話を聞かせて頂きました。

本当に僕にとっては最高の時間でしたし、
僕の人生の中でもっとも充実した日々であったと確信しております。
(まだ年は若いですが・・・)

これほど、全てを賭けて何かに打ち込んだのは、
初めてかもしれません。

それだけ続ける価値のある、
得るものの多い時間であったと思います。


未熟すぎて、未完成すぎて、余計なことをやってしまうことも多々あり、
ご迷惑やご心配をおかけしてきたと思います。

それでも温かく見守ってくださり、
僕のところにやってきてくれたお客様に対して、
感謝してもしきれません。

本当にありがとうございます。


僕は東京へと行きますが、
この出会いはここで終わることはありません。

これからお互いの人生を楽しんでいくための出会いです。

こんな僕でよければいつでも誘ってください。
時間の許す限り、出向きます。

楽しみましょう!


3月3日の閉店まであと少し。
もう少しお付き合い願いたく思います。



ここでご報告。
Bar LINKは閉店の流れとなり、僕は東京へ行きますが、
同じ箱でBarとしては存在致します。

現在、水面下でこの企画を進めておりますので、
詳細が決定し次第またご報告させていただきますのでよろしくお願いします。




ではいきましょう!
Bar LINKのお届けする最後のJazz Live!
Presents by 霜野氏&松本氏

2月28日(水)
22:00 start ~ midnight close
ALL Cash on!



愛してます。




遅くの挨拶です2007
新年明けましておめでとうございます。

もう1月も12日になろうとして、大変遅い新年の挨拶と相なりましたが、今年もよろしくお願い申し上げます。


皆さんは2007年のお正月をどのように過ごされましたか?

僕はひたすらにBar LINKのカウンターの中にいたような気がします。


2006年12月31日の21:00から2007年1月3日の9:00まで。
この間しめて60時間、ずっと営業しておりました。
通称60時間耐久営業と言うやつですね(笑)

大晦日には2006年を振り返り、そのまま盛大なカウントダウン!
DJを飛び入り参加させて、みんなグラス片手に乾杯!

ちょうど午前0時には僕はカクテルXYZのシェイクをやっていました。

年の初めにアルファベットの最後、XYZ!

なんとも複雑な気持ちでございます。

その後そこに居合わせた皆さんと初詣に出かける途中、呼び出し電話がかかりそのままBar LINKへ逆戻り。

新年のテンションが上がったまま、かなりのお酒を飲みながら、
ひたすらに営業を続け、本当に多くの方にご支援いただいて、
(60時間耐久営業中、最高来店記録は6回でした)、
無事に達成することができました。

最後はワイン4本、ウイスキー1本、シャンパン1本という訳のわからないお祭りが始まったのですが、記憶が薄らぎながらもなんとか乗り越えることができました、いや、できたようです。


勝手に思いつきのように企んで実行に移した企画。
何度ももうやめようと思いましたけど、
(特に昼間はなんとも言えない究極の自分との戦いでしたよ)
達成させてしまうと、ものすごい充実感と達成感!

こんな感動は久しぶりですね。

本当に皆さんありがとうございます。

2007年の幕開け早々感謝感激のスタートです!



さて、2007年のスタート、そしてBar LINK閉店までのカウントダウン!

最後まで活き活きと参りましょう!


Jazz LIVE 2007 first contact!!
1/28(Sun) 21:00open ~ midnight LIVE 22:00start

前回大変ご好評頂いた霜野氏と松本氏のジャズギターデュオ!
それに今回はpianoをコラボレート!

あの音をもう一度聞かせてもらえるのは、
僕の幸せでもあります。


今年も皆様にとって多くの幸福が訪れますよう!



Thank you for everyone and everything
昨夜のJazz Liveは最高の夜となりました。
霜野さん、松本さん、本当にありがとうございました。

Jazzの生音はどうしてこんなに心に響くのでしょう。

2006年の疲れを全て癒してくれたような感じでしたね。

年明けにもまた企画がございますので、
また改めて告知させていただきます。


さて、本日は2006年12月31日。
いよいよ今年も終わりです。

今年も本当に多くの方と出会うことができました。
また出会った方々にお世話になり、いろんなことを学ばせていただきまして本当に感謝しております。

皆様今年はどんな年だったでしょうか?

僕は多くの試練がありましたが、結果的に見れば、全て良しといった感じです。
楽しい年でしたね。

個人的に来年はまた新たなことが起きる年。
今から楽しみですね。


それでは皆様の2007年が素晴らしい年となることを祈って、
2006年の最後のブログを終わらせていただきます。


来年からもまたよろしくお願い申し上げます。

よいお年を。



振り返りの2006
今年も残りわずか。
あっと言う間の一年間だったように思います。

昨年一年間もそうだったように、今年もまた自分は大きく変わったと感じてます。

何が変わったのかということに対して具体的には表現できないのですが、
成長は成長。
例えそれがマイナス成長であろうと、停滞よりはマシ。
マイナス成長ってわかるのであれば、それをプラスになるようにすればいいだけの話ですから。

ただ、Bar LINKに携わってきたこの2年間は僕は僕の人生の中での大きな時期。
成長もプラスのものでしょう。

それを引退してしまうのは何とも寂しいものがありますが、
来年度からはまた僕の人生の中での大きな変化の年。

まずはこの夜中心生活に、
逆転サヨナラホームランでも放ってやろうと考えてます。


さて、年末ということで、今年一年間の復習。

Jam on Plynは第5回まで行うことができました。
まさかあんなにも素晴らしいイベントが催せるなんて、始めた当初は思ってもみなかったですよ。
僕の中では世界最高のイベント!

6月にはワールドカップもありました。
普段借りてはならないところからプロジェクターを借りて、
大画面でみんなで観戦しましたね。
結果は良くはなかったですけど、みんなで観戦できたことが良かったです。

夏は甚平浴衣祭り。
皆さん甚平と浴衣で着飾って、楽しい一夜を過ごしました。
テンション上がってしまってその日一日中僕も甚平でした。

秋口にはリモンチェッロの応用でユズンチェッロを作りました。
初体験にしては大好評で僕も結構飲みました。
実家で取れた柚子だっただけに、その喜びもひとしお。

ハロウィンももちろんパーティー。
ブルマで2時間誰も来なかったときの寂しさは今でも体の底に染み付いてます。
でもみんな思い思いの衣装で思い思いに飲んで騒いで、
ハロウィンを充実させることができました。

11月末には周年記念パーティー。
多くの方にお祝いを頂いて非常に感謝しております。
途中でカウンターを飛び出して、はしゃぎ回ったことは、
内緒にしておいてください!

そしてクリスマス、moe個展&ライブペイント。
クリスマスに相応しい最高にクールな内装にメイクアップしてもらい、
トリッキーなアートを展開してくれました。
今後もしばらくはmoe作品を展示しておりますよ。


こう振り返ってみても、なんだかワクワクします。
非常に短いような一年間ですが、こう書いていくと何とも充実した一年間です。

さらにこの一年間を通してギターをやってきました。
腕は本当に大したものではないですが、
腕より何よりギターを弾いて歌を歌って、非常に楽しかったです。

これが自己満足だけじゃなくて、
最近では「ギター弾いてよ」とお声がかかることはありがたいことです。
もっともっと上達してみんなで音を楽しみたいですね!


ということで今年最後はギターで楽しみましょう!

12/30(土) 23:00 start
Jazz Live!

今回は近くのgaragebar GADENでもお馴染みの霜野さんに登場してもらいます。
Jazzギタリストとして最高のパフォーマンスを魅せてくれるので、
是非遊びに来てくださいませ!

ゲリラライブということでしたが、
ここでバンバン告知させてもらいます!
音楽いうくらいなので、音を楽しみましょう!


年末年始、Bar LINKは休まず営業します。


X'mas Night Party 『Star Link』
12月も半分を過ぎ、さすがに師走と言うだけあって時間が過ぎていくのが早い早い。

このままのペースで行ってしまうと人生なんてアッという間に終わってしまうんではないかと心配になってしまうくらいです。

この時期は忘年会にクリスマス、年末、正月と多忙を極める時期。

お酒の量もどうしても増えてしまいがちですが、
皆さん、お体はどうかご自愛ください。

そういう僕はもう溺愛しすぎて傷つけてしまうという、
小学校くらいの子が好きなことをいじめてしまうような現象に囚われています。

最近のカウンターの中での動きは、
できるだけ灰皿とか物を遠くに置いて、
動線を長くとり、
少しでも運動をしようと心がけております。

それと自転車が盗難されてしまったため、
お店から自宅まで、あるいは飲みに寄せてもらうお店まで、
歩いて行動してるので、多少の運動はできてるような気がします。

歩くことはいいことですよ。
自転車に乗って通勤するときに出くわす信号待ち。
早く青にならへんかな~って思ってる交差点。
しかし歩きの場合は同じ待ち時間であっても、早く青にならへんかな~って思う量が違うというか、
信号待ち一つで受けるストレスの量が違うわけです。
歩きやし、急いでもしょうがない。
気楽に行こか、となるわけです。

ましてや車に乗って待つ信号はさらにストレスを感じてます。

自転車や車はツールですので本来の人間以上のスピードを出すことが可能です。
今は電車や新幹線、飛行機なんかの乗り物も、さらに超越したものですね。

ただ、便利といえば便利なのでしょうが、
急ぐということはストレスを感じる大きな原因かもしれません。
急ぐことによって逆に急かされているような、
便利だからこそ不便のような、
そんな一種のアイロニーをふと感じてしまいます。

ゆっくりと行くと急いでいるときには見えなかったものも見えるし、
気付かなかったことにも気付くことができるかもしれません。


さて、急ぎの話から全く話変わります。

X'masのお知らせ。

12月18日よりこれまでBar LINKに数々の作品を残してくれたMOEちゃんの個展を開催します。
イベントタイトル『Star LINK』
Bar LINK最後のX'masをMOEちゃんがBar LINKの箱をリメイク。

またこれまでとは違った空間を演出します。

12月24日にはMOEによるライブペイント。
日の変わる0:00にはプレゼント交換を。
皆さん楽しいプレゼントを持参してきてくださいね。

今年のクリスマスイヴは日曜日ですが、営業致しております。


聖なる夜にアーティスティックなBar LINKで過ごしてみてはいかがですか?


ご報告
職業病とでも言うのかわかりませんが、
この時間に家にいてると、少し落ち着かない。

実家に帰ったときは、完全な空間移動のためにそうは思わないんですけど、
大阪の家におるとこう感じてしまいます。

11月の終わりまで日曜日はミナミにアルバイトに出てて、
それ終わってから2週は何かしらの予定があったので、
家にはいませんでしたが、
今日は予定をドタキャンして家。

久しぶりにゆっくりしようと思ってましたけど、
何やら血が騒ぐというか外に出てないといけないような感覚です。


それはさておいて、このゆっくりした時間に大切なご報告。

もう多くの方はご存知かもしれませんが、
Bar LINKは2007年2月をもって閉店いたします。

まだ詳しい日にちは決まってはいませんが、決定し次第改めてご報告させていただきます。

来年からの仕事は今とは全く別の仕事。

言わば今とは半日分、時間のずれた昼間の仕事です。

今の感覚とは全く切り替えなければならないのは必須。

さて、どうなることでしょう。
僕も期待してますし、楽しみにしてます。

何事も経験してみてわかることだという考え方であります。


ただ、こうして全てを懸けていると言ってもいいこのBar LINKを手放してしまうことはどうしても寂しいものがあります。

またこれまで来ていただいたお客さんにも非常に申し訳ない気持ちもあります。


残り2ヶ月。

僕のできることは全てやり遂げるようと考えております。



Jam on Plyn 完結
12月1日。
Jam on Plyn 完結致しました。

次第にスケールがでかく、完成度が高くなっていくことで有名なJam on Plyn!

今回も期待を裏切ることもなく、
最後にして最高のイベントができたのではないかと、考えております。

スタッフはそれぞれの個性に合わせたオリジナルのTシャツを作成してもらいそのTシャツを着て参加!
たぶんかなりの数のTシャツをお披露目できたと思います。
ありがとう、moeちゃん。

内装は一面にペイントされた発泡スチロールを張り巡らし、
トリックアートとも言える、作品で雰囲気を演出!
カウンターから眺める景色も最高でした!
ありがとう、Takayuki Suzuki!

ゲストのマツケンさんも最高にフロアを盛り上げてくれました!
入りからいきなりマツケンワールドに持っていかれた気がします!
遅くまでお付き合い頂き感謝してます。

そしてレギュラーDJ陣!
このイベントの首謀者達とも言いましょうか。
これまで5回のイベントをずっと手掛けてもらいました!

本当に軽いノリで始めたイベントでしたが、
ここまでのクオリティまで持ってこれたのも、彼らみんなのおかげです!
僕の知る限りで最高のイベントを成し遂げることができました!

そして来て頂いたお客さん!

あなた方のあの時のノリを活かせば、
たぶん、日本はもっと楽しくなるでしょう!
と思わせてくれるものでした!

本当にありがとうございました!


僕も相変わらず序盤はお酒のペース配分をしてたんですけど、
やっぱり飛んでしまいましたね、記憶が。

でもあれだけ楽しい空間でお酒が進まないわけがない!


これで最後となってしまうのが非常に名残惜しく寂しいものがありますが、また何かの機会にこの話題が出てくれれば、ありがたいですね。


自分から何かを提供する場合。
例えばお祝い事とかでプレゼントをする。
そのリアクションが大きければ非常に嬉しいものだと思います。

これと同じで、今回はスタッフみんなでこのイベントを提供させていただきました。
そのリアクションは想像した以上のものです。

ということは僕がどれだけハッピーか想像してもらえると思います!


本当にありがとうございました!


また面白いこと企画します!

Final Jam on Plyn!!
気がつけばもうすぐ師走。
2006年もあと1ヶ月とわずかです。

昨年の12月、
一人での新たな最出発から、始まったイベントがあります。

それはJam on Plynというイベントです。

僕の友人達がみんなで事前に何度も会議を行い、毎回違った形でのイベントをプレゼンテーションして参りました。

Jam on Plynは
「職業・性別・年齢に関係無く、皆が楽しんで交流できる場を音楽・アート・お酒...etcを通じて、中百舌鳥というローカルな土地に提供したい」という基本コンセプトの下に誕生したもの。

回を増すたびに自分たちが表現したいことが着実にできているように感じ、毎回新しい出会いや発見があり、非常に僕達も楽しみにしているイベントです。

これまでたくさんの方にご来店頂き、
最高に盛り上がる夜を作ってきてもらいました。

企画する僕達も企画冥利に尽きます。


このJam on Plynも1周年。
そして最後のJam on Plynです。

何とも名残り惜しいものがありますが、
最後は最後!

これまでお世話になったみんなに是非これまで以上に楽しんでいただきたいものです。

それに僕一人では決してできるものではない、この企画をしてくれるスタッフたち。
彼らもまた最高に楽しんでもらえて、
みんなで一つになり、
最高の音と、最高の酒と、最高の出会いをもって、
最高の夜になれば、本望です。


12/1(金)
20:00~27:00

尚、Bar LINKはJam on Plyn終了後も朝6時まで営業しております。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。